フィールドの千葉県柏市を、一語一画でみんなに伝えたい!


by icchifam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おかんとカメラ

すっかりボログになってしまい、それでも毎日のように
見に来ていただいている皆さん、本当にありがとうございます。

さて、久しぶりに自分の思いと感じた事を少々…。



今月に入って、ある仕事で写真撮影の依頼を受けました。

条件は、ある大きなイベント会場でコンサート前、
関係者の挨拶の間に、メインゲストと来賓、主催者を
緞帳の裏側で記念撮影をするという内容。

撮影に許される時間は挨拶をされているわずか2分間…。
この間に2パターン、10人を並べて撮影をするのだ。

もちろん、お断りをしました。
撮影できる時間は正味1分弱、30秒もあれば良い方でしょう。
この条件では、三脚を立てている時間どころか
カメラのセッティングもできません。

その上、ゲストは女性。プロの方ですから
映りの悪い写真は残したくないはず。

おかん「私には無理です。そんな技術はないので
他の『プロ』のカメラマンを頼んでください」

と、最終的には2度お断りをしたのですが
担当者の熱意に負けて
・撮影時、照明をめいっぱい明るくしてほしい。
・撮影前、少しでも早く撮影ポイント(舞台上)に上がらせてほしい。
・何とか撮影できたとしても、大伸ばしは難しい。

以上の条件を飲んでもらい、依頼を受けることに…。

迎えた当日は? 惨敗でした。

とりあえず撮影はしたのですが
スポットライトがあたってはじめて効果のあるドーランを塗った姿を
舞台だけ、それも電球色のライトが上から照らしている条件下では
「この女性が〇〇さんなの?」と別人のような映りでした。

きっと一生で一番、撮り直しをしたいと思った時間だったと思います。

数日後、提出した画像を見て主催者から
身内でも言われたことのないほど、ケチョンケチョンに蔑まされました。

「担当者には何度もお断りした」と伝えても
「こんなクソ写真!」とはじまり、挙句はおかんの着ている普段の服装が
「オレの好みじゃない!」とまで。
他にも書き表せないほど、キツイ表現の言葉が延々と続きました。

おかげで、もとから少ししか持ち合わせていなかったプライドが
影も形もないほどに無くなってしまい
写真も原稿も作り手がある程度、自分の作品に「自信」を持っていないと
良いものは生まれないことを知りました。

身の丈以上の依頼を、ちゃんと断りきれなかったおかんもいけないのですが
はっきり言って、カメラを構えること自体も苦痛に感じています。

一瞬しかない本番の連続に、テンションを上げきれない
納得のいかない写真がモニターを埋め尽くし、・・・でも仕事はやって来る。

職を失う人が溢れるこのご時世でわがままな話しなのでしょうが
仕事をすればするほど、自分の適性の無さを感じている毎日です。

すっかりどんよりしてしまいましが、危機は転機!

この機会にたっぷり自己嫌悪に浸かって
自分の姿勢を見直し、ひと回り成長したいと思います。
[PR]
by icchifam | 2009-02-14 13:45 | ブログ限定の本音

ブログパーツ

カテゴリ

全体
一語一画
いっぴんつながり
かしわごはん
マグロ キブン
ちょっとブレイク
メモ以上 エッセイ未満
エコな話し
4人間+インコ+犬+小魚
ブログ限定の本音
笑いのタネ
ワンだFULL
もっと HOT PHOTO
未分類

ライフログ


蛍星


キミはともだち (CCCD)


ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

以前の記事

2011年 08月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧