フィールドの千葉県柏市を、一語一画でみんなに伝えたい!


by icchifam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

情報共有会議

約束は、校長室に16時30分。

メンバーは、委員会のスタッフ2人と校長先生と教頭先生、
担任の先生とおかんの6人での話し合いです。

先週金曜日に担任の先生とお話ししたので、4日ぶりの学校でしたが
何度も通った校庭脇の通路も、すれ違う家路を急ぐ顔見知りの子も
何だかいつもと違う雰囲気に感じたのは、緊張しているせい? それとも…。

校長室の扉の前で、「何事にも建設的に。理性を忘れず…」と
心に決めてテーブルに着きました。
が、感情を隠しきれない場面が多々あり、反省しております。

空模様が心配で、少し早めに自宅を出たおかんは、校長室に一番のり!
他の先生方が到着するまで、わが子の最近の様子などを
校長先生とお話させていただきました。

予定の時間を少し過ぎたところで全員が席に着き
いよいよ話し合いに。

もともとこの席は、教育研究所(教育委員会)で娘が受けた
「ウエクスラー式知能検査」(検査の話は、また別の機会に…)
の検査結果を、委員会側から学校に伝え、検査の結果をもとに
娘にあった支援の方法を考えるために
設けられた場だったので、まずはその申し送りから始まりました。

娘の検査結果を大まかに言えば、
人より動き出すまでに少し時間がかかるとのこと。

クラスメイトと少しでも足並みを揃えるためには
「声かけ」などの支援が必要とのことでした。



検査結果も踏まえ、学校に行けなくなっている
娘の再登校を目標に委員会と学校が
あれこれケースを考えてくれました。

それなのに心の中では、担任の先生や学校に
娘のためにひと手間、負担をかけてしまう事が
「申し訳けない」と思う気持ちと
「そこまでしてこの学校(公立)に固執しなくてもいいのでは?」と
言う思いが強くなっていきます。



素直に先生たちが提案された意見を受け入れられない…、


自分の器の小ささに、泣きたくなりました。


でも、一番つらいのは娘本人だからと言い聞かせ、最終的には

①しばらくこのまま様子を見る。
②出て来れそうな様子があれば、登校を促す。
③学校と家庭で可能な限り密に連絡をとり、
 情報の共有をはかる。

おもに3つの内容を取りきめて帰って来ました。

帰宅したおかんに、娘が笑顔で「おかえり」と声をかけてきました。

親が言うのもなんですが、欠席するようになって、
今まで見たことがない「いい笑顔」をするようになった娘。

その笑顔のために、頑張ろう!と思ったおかんなのでした。


最後になってしまいましたが、ブログにこの件を書き始めてから、
コメント欄のレスポンスの他に、お電話や、メールを
本当にたくさんの人からいただきました。

おかんの事を労う言葉や、母親として今しなくてはいけない事など
内容は様々ですが、そのすべてがわが子の事を案じて
連絡してくださった皆さんのご好意、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。


追伸、
情報を「共有する」意味も込めて、今日のお話合いで会った
先生方にこのブログの存在を教えてしまったおかん。

だって、隠しておきたくなかった。

関係者が知らないのはフェアーじゃないと思ったから。

それなのにこんな記事を書いてしまい少々、動揺しています。


でもこれが、今のおかんの本当の気持ちです。



ブログ村参加してます。ポチっとヨロシク!にほんブログ村 地域生活ブログ 千葉情報へ
                         にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
にほんブログ村
[PR]
by icchifam | 2010-07-07 03:57 | ブログ限定の本音

ブログパーツ

カテゴリ

全体
一語一画
いっぴんつながり
かしわごはん
マグロ キブン
ちょっとブレイク
メモ以上 エッセイ未満
エコな話し
4人間+インコ+犬+小魚
ブログ限定の本音
笑いのタネ
ワンだFULL
もっと HOT PHOTO
未分類

ライフログ


蛍星


キミはともだち (CCCD)


ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

以前の記事

2011年 08月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧