フィールドの千葉県柏市を、一語一画でみんなに伝えたい!


by icchifam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロって何?

こんばんわ!おかんです。

先日、ある仕事上で知り合った、個人でデザインをやっている方から
「おかんの仕事の進め方は、プロじゃない!」と
ガツンッ!とストレートに言われました。

それから「プロとは何ぞや?」と、暇さえあれば(ないけど・・・)
自問自答しています。

「プロ」ってなんなんでしょうね?

おかんが、「この仕事で喰って行こう!」と考えたのは
ちょうど1年前・・・。

複数の会社と縁あって契約する事になり、
契約書にサインをした時でした。

それまでは1つの会社と契約して、月に数本の取材と原稿書きを
こなす日々・・・。

今思えば、契約というよりは、その会社に所属している
ような感覚で働いていました。

報酬も子どもにおやつ買ってあげると
無くなってしまうようなおこづかい程度・・・。

子どもが小さかったので、それを5年ほどやっていたのですが、
おかんの心の奥底には
「コレでいいのか?」と、くすぶっているものがありました。

今年に入り、トントン拍子に、新しい仕事のお誘いがあり
とりあえずおかんに書かせてくれるものは、
後先も金銭面も考えず、請け負っていたのですが、

その方に言わせると、「金額に見合った仕事の仕方」が
あるそうです。

そうは言われても、取材の対象は「人」なんですから
この仕事はいくらだから、原稿の文字数が○文字だから
ココでおしまーい!とはいきませんよ。

義理や人情、おせっかいに同情でつながっている世界には
マニュアルも、締め切りさえも通用しない気がします。

そして、この「人間臭い」ライターと取材対象との関係は、
編集サイドの新しいスタッフには、理解しがたいようです。

おかんはたとえ、報酬が見合っていなくても
この人間臭~い関係を続けたいと思っています。
(ダンナの収入で食べていられるうちはネ!)

そんな、ライターが1人ぐらいいたっていいんじゃないかなぁ
と思っています。

ただその関係は、おかんのまわりだけでのことであって
他の編集者やデザイン担当、同僚の記者に理解して欲しいとか、
同じ思いを持って、原稿作りに取り組んで欲しいとかは言ってはいけない
事だと、最近気付きました。

ようは、強要せず上手に思いを伝える「技」を持つ事かな。
最高の作品を作り上げるために、たまには猫なで声でおねだりするとか・・・。

取材対象から心の部分も聞き出して、同情しても
原稿に書き上げる時には、この「心」の部分は
文字で表現できる範囲にとどめて入稿する・・・。

今のご時世、ライターは、この変換ができれば、
満点なのかもしれないですね。

他にもプロとして致命的な問題があるかもしれませんが
とりあえず、使ってもらえるうちは、
フルスロットルで頑張ってみようと思います。

最近、もう1つの(秘密の)ブログが
メンテナンスでお休みが多く、ついつい
ココで仕事の事を書く機会が増えてしまっているおかんでした・・・。
[PR]
by icchifam | 2006-09-27 01:24 | 一語一画

ブログパーツ

カテゴリ

全体
一語一画
いっぴんつながり
かしわごはん
マグロ キブン
ちょっとブレイク
メモ以上 エッセイ未満
エコな話し
4人間+インコ+犬+小魚
ブログ限定の本音
笑いのタネ
ワンだFULL
もっと HOT PHOTO
未分類

ライフログ


蛍星


キミはともだち (CCCD)


ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

以前の記事

2011年 08月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧