フィールドの千葉県柏市を、一語一画でみんなに伝えたい!


by icchifam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:4人間+インコ+犬+小魚( 47 )

9回目の秋

来週、9歳になるミー。

直近の週末に誕生日を祝おうと、以前から予定をしていたのですが
ミーもいっちーも学校行事で夕方まで留守…。

結局、本人のリクエストでステーキレストランで
誕生日ディナーを楽しみました。

最近お手伝いが大好きなミーと2人で
明日は柏の葉で就労して来ようかな!と思っています。

b0089483_0425351.jpg

[PR]
by icchifam | 2008-11-16 00:43 | 4人間+インコ+犬+小魚

オリジナリティ

先日、さわやかちば県民プラザで開催された
「親子陶芸教室」にみーと一緒に参加してきました。

b0089483_6413199.jpg

こういうものを見ると・・・

b0089483_643318.jpg

反射的に回し始めるみーですが

今回は「がんばってお皿を作る!」と張り切って
参加しました。

b0089483_6441335.jpg

粘土を抱えて、何を作ろうかインスピレーションを
膨らませています。

b0089483_6494979.jpg

バンッ、バンッ、バンッ、バンッ!
おぉ! いきなり製作を始めました。


b0089483_6512664.jpg

みー「はい、出来上がり!」

おかん「えっ? これで完成ですか??」

みー「うん、これで完成!」

おかん「…」



で数日後、焼きあがった作品がコレ
b0089483_6535810.jpg

作品名「ハート」だそうです。

小物入れでも、お皿でもなんでもない、
単にハートの形をした陶器です。
せいぜい、ペーパーウエイトに使えるかしらって感じです。

実はこの講座、3日間の教室だったのですが
1日目、ハートの形を作ったら、満足してしまったらしいのです。

みーの気持ちの中では、「傑作が出来た!」みたいな思いが
作品に対して生まれ始めていたようです。

しかし、普通の人にはどう見ても「未完成」にしか映らない作品…。

ボランティアの講師のおじさんや
たくさんの人から「もう、作らないの?」とか
「こうした方がいいよ!」と、みーの『大作』に
手を入れようとしたのです。

無論、みーの事ですがら
「これでいいの!」とすべての助言を跳ねのけました。

そして2日目、「削り」作業の日。
土が乾いてきたところで形を整えるわけですが、
すでに、みーは気分を害していましたから
行きたがりません…。
なんとかあやして連れていきますが、
みーの作品は「そのままでいい」と
何もせず、座っていました。

すると1人のボランティア講師が近づいてきて
いきなり紙やすりで、ゴリゴリとハートを削りだしたのです。

その瞬間、おかんはみーがぶち切れないかと
ハラハラしましたが、睨みつけるだけで何もしません。

さすがにおかんの方から、ボランティアさんにやんわりと
「本人はこれ以上、作品に手を入れたくないようなんですよ…」
と作業の手を止めさせました。

これで、何もなく終われるかな?と思った矢先
今度は「名前を見えるように書いてください」と
みーの作品が戻されてきました。

みーが納得するサイズで裏側に小さく名前を書いたのが
「見えない」というのです。

仕方なく、みーに告げると
ヘラを持ち表にデカデカと〇〇〇と名前を刻みました。
「これでいいでしょ!」と言って
ヘラを置くと椅子に座って、膨れていました。

・・・この講座今年で3年目、プラザ内でも人気の教室らしく
今回も2部に分かれ、計80組の親子が参加していました。

人数にして150人を超す素人に作品を作らせるのですから
目が届かない部分があっても仕方がないと思います。
ましてや、子どもが「思っていること」を
考慮してほしいなんて無理なこと…。

ただね、おかんとしては

お隣の子の作品を見て
「真似しなければいけない」って、
そっくりな作品を作る子には
なってほしくないんですよ。

上手い下手は関係なく、
人に迷惑がかからない範囲なら
みんなで決めたルールを守っていれば

どんな作品をつくっても良い
そんな環境を機会をたくさん与えたいと考えています。

これはいっちーが作品づくり(=お絵かき)を
始めた頃から思っていること。

だから幼いころは、いっちーもみーも独特な人の絵を
描いていました。

こんなエピソードもあります。

いっちーとAちゃんが一緒にお絵かきをしていたら
Aちゃんがいっちーの真似をして
手の指をミトンをはめたように描いたのです

それを見たAちゃんのお母さんは血相を変えて
「指は5本ちゃんと描かなきゃだめでしょ!
いつもはちゃんと描くじゃない!
いっちーちゃんの(絵の)人はおかしいでしょ!」

だって! その場でクスクスって笑っちゃいました。

いっちーはいつの間にか、目の大きな女の子を
描くようになりましたが(指も5本あります)、
みーはいまだオリジナルの絵を描いています。

真似がすべていけないわけではないですが
自分の思ったことを自然体で表現できる人に
なってほしいと願っています。

b0089483_7462833.jpg

これはおかんの作品、
どこかで見たような器になってしまいました・・・。


ブログ村参加してます。ポチっとヨロシク!にほんブログ村 地域生活ブログ 千葉情報へ
[PR]
by icchifam | 2008-08-13 07:47 | 4人間+インコ+犬+小魚

週末は・・・


最近、週末は・・・

b0089483_2223352.jpg


みーとミルクを連れて散歩に出かけるようにしています。

あっ、おかげさまでミルクの後ろ足ですが
ほぼ完治しました。



走るのも、外出も、嫌いなみーですが

b0089483_22252425.jpg


散歩となると、ずっと先の方を走っています。

b0089483_2231154.jpg


威嚇大魔王のミルクは
ご近所のワンコ全員に威嚇して回ります。

ペットショップのかわいい子犬たち…。

b0089483_22353228.jpg


お花屋さんのコーギーくん。

他にもたくさんのワンコに威嚇していますが、
写真をとっている余裕がないほど、
吠えています…。

困ったヤツです。


散歩の本来の目的は
途中で見かけたものをじっくり眺めて、

b0089483_222024.jpg


親子で感じた事を言葉にする時間を作ること。

b0089483_2221834.jpg


ヒルガオはお昼に咲く話や

ミカンの葉を裏返してチョウの卵を探したり・・・

バラのトゲを鼻の頭につけて遊んだり・・・

葱畑をめぐって、「ねぎ坊主探し」をしたり・・・


みーが小3になり、「悪魔の3年生」を体感しています。

親の言う事を聞かない

宿題をやらない

今日も1.2時間目をサボった・・・など

なめきった最近の態度に
最初は頭の血管が2、3本きれそうな勢いで
怒っていたのですが、バカバカしくなって
放置していました。

ところが、学校での態度でも
著しく集中力に欠けている場面増えているようだ
という話を聞いて、

親子の密な時間を作ろうと考えたわけです。

少しは効果が出ればいいのですが・・・。
[PR]
by icchifam | 2008-06-10 22:50 | 4人間+インコ+犬+小魚

いっぴち・・・

b0089483_24331.jpg


以前にも触れたことがありますが、次女は小さい時から
自分だけの「わーるど」を持っています。

「わーるど」のすべては紹介しきれないので、
今回は「みーちゃん語」について書こうと思います。


質問形式で行きましょう!

さっそく第一問!
「おかぁーか」とは何でしょう?


簡単でしたね!
答えは「おかあさん」さんです。

では、なぜ「おかぁーか」なのか?

我が家では、お姉ちゃん(いっちー)のことを
「ねぇーね」と呼んでいて、おかあさんはおかぁーかになりました。

小さい「ぁ」が入るのが次女のこだわりです。




続いて第2問!
「すたべっぴぃー」とは何でしょう?



答えは「スパゲティー」

本当の名称の方が覚えるのに簡単だったのではと
思うほど複雑な気がしますが・・・
片言の時代からすたべっぴぃーと言っていました。





これは難しい、第3問
「いっぴち」はどんなしぐさを指している言葉でしょうか?



絶対わからないだろうな・・・


答えは「喫煙」すること。
旦那が「一服する」と言った言葉を聞いて
「いっぴち」になりました。




第4問は、今日デビューしたばかりの言葉
「ぜんねん」?

さすがにおかんも、ボディーランゲージがあって
初めてわかりました。

なんと「座禅」のことをさしていたようです。

どうして「ぜんねん」なのか? わかりません・・・。



神経衰弱は家族の中で一番強く記憶力が良くて、
勉強面でも漢字も九九の算も、縄跳びも教えれば
ちゃんと人並みにできるのに・・・

なぜか言葉だけは、こんな調子・・・。


∞に新語がある「みーちゃん語」を発する次女に

「この子は、もしかしてお〇〇なのではないだろうか…」と
思った時期もありました。


でも、小学校の担任の先生が「わーるど」の存在と
「(次女)らしさ」を大事にすることを勧められ
気持ちも楽になり、一緒にわーるどを楽しめる余裕ができました。


いつか、普通の日本語を話すようになるのでしょうかねぇ~?


人間が形成されるまでの過程がスローモーションで
楽しめる、次女のわーるど。

見方を変えればお得なのかもしれません。


b0089483_25022.jpg

[PR]
by icchifam | 2008-02-18 02:05 | 4人間+インコ+犬+小魚

中身は園児?

先日、こりんさんからいただいた「とんぼ玉」

b0089483_1923914.jpg


太陽の光を浴びたとんぼ玉は、
いくら眺めていても飽きません。



ずっと、眺めていたら・・・



b0089483_19253450.jpg


メロンソーダが飲みたくなりました。
結局、食べもの(飲みもの)につながってしまう悲しい性格。

こりんさん、ありがとうございました。





******************

b0089483_19291354.jpg


午後からは、4月からいっちーが通う中学校の説明会に
参加してきました。


この数日、こりんさんと会った以外は

仕事(OFF期間なの)も、

買い物も

外食も

ゴミ捨ても(?)

任せられるものは、すべて家族に頼み

ずーーーーーーーーーーーっと、家でパソコンをしていたので

久しぶりのお天道様の下、

なんだか時差ボケのような、変な気分でした。



おかんを見てAちゃんママが一言・・・



「山で修行でもしていたの?」

たしかに近いものがある!・・・かも?





写真は、説明会資料です。

中身がすごい!



こんなことは、本人に言うべきでしょ!という事項と

親なら知っていて当然!という注意と

人間として当たり前でしょ!という望ましい中学生像・・・

が、書かれていました。


具体的には、

◎清潔な服装を心がける

◎約束は守る

◎人の話は静かに聞く

◎学校にケータイは持たせないでください

◎登校後は(先生の許可がない限り)外出不可・・・

◎具合が悪い時は、登校させない
 (保健室にいられるのは1時間まで)


う~~~ん、中学校説明会資料にわざわざ
書かなければならない事柄なのでしょうか?



この前、集団で制服の採寸をした時
「みんな、大きいね~」と服屋が驚くほど


肉体的成長は見られるのに、
中身は小学生以下なのかしら?


さすがに親の責任を感じます・・・
情けない・・・。
[PR]
by icchifam | 2008-02-01 20:15 | 4人間+インコ+犬+小魚

招かざる〇〇・・・

正月明け、冬休みをいいことに遅く起きてきた
いっちーがこんなことを言い出しました。


いっちー「昨日、私の部屋に『ボブ』が来たよ」


おかん「はぁ~? 昨日っていつ? お母さんずっと家にいたけど知らないよ?」


いっちー「ボブは喉が渇いたって言ってたから、コップで水をあげたんだ」


おかん「ボブって誰?」


いっちー「ボブは喜んでいたみたい・・・
      図書館で借りたい本があるからって、出かけていった」


おかん「だから、ボブって誰?」



・・・。

お祓いしたほうがいいかな??



**************



午後から写真を整理していたら・・・



b0089483_18284348.jpg




うぅぅぅ…おなかが空いてきちゃいました。



b0089483_18295686.jpg




夕飯、何食べようかな・・・



b0089483_18304533.jpg




取り急ぎ、娘たちのおやつを少し失敬することにします・・・。
[PR]
by icchifam | 2008-01-17 18:43 | 4人間+インコ+犬+小魚

ロウソク1本 お星さま1つ

b0089483_33444.jpg


3連休どこにも行かなかったこともあり、
急きょ、ケーキを用意して家族の誕生お祝いをすることにしました。



お誕生日を迎えたのは??

b0089483_34616100.jpg

眼の中に入れたいほど(でも、先日前足がおかんの右目を直撃したら痛かった…)
溺愛しているミルク王子です。



10日で1歳になりました。




ケーキを買って帰宅すると、滅多に顔を合わさない
お隣りのおばさんが我が家にやってきました。

「ミルクちゃんにあげたいものがある」とおばさんは言います。

誰にも教えたことのないミルクの誕生日を
なんで知っているのだろう?? と思い荷物を取りに行くと・・・

玄関前には大量の犬用グッズが・・・。

なんとなく察しがついたのですが、おばさんに尋ねると
飼っていたシーズー犬のポーちゃんが
一昨日他界したと、涙ながらに話してくれました。

足の悪いおじさんのリハビリを兼ねて
朝晩、散歩に出かけていたとてもおとなしワンちゃんで

おじさんの歩くペースを見計らって
ご主人の顔を見上げては数歩ずつ歩く姿は
近所でも有名でした。

「15歳で大往生だったから・・・」と話すおばさん。

愛犬の品を使ってもらいたいおじさんと
「こんなもの、いただいても困るわよね?」というおばさん。

飼い犬の死は体験したことがないですが
お二人の気持ちは痛いほど伝わってきたので

「ご迷惑でなければ、使わせてください」と
ペット用の保温マットや、トイレシート
未開封のおやつや缶詰などをいただいて帰ってきました。



ミルクが我が家に来たことで、おかんが描いていた
犬に対しての思い込みや謎がたくさん解けました。

犬なのに寒いの嫌い(チワワはメキシコ原産)

犬なのに散歩が嫌い(抱っこが楽ちんで良いらしい・・・)

犬なのにご主人の帰宅に気づくのが遅い(常時、熟睡しているから…)

犬なのにお手をしない(お手というの、おかんの「手」を噛む)

犬なのに人間の言葉がわかる(娘たちが怒られていると、いい子に変身する)

まだまだたくさん「犬なのに・・・」があります。


そして犬が「臭いもの」が大好きだということ
(↑ これはいつか改めてレポートを書きたいと思います)

ここまで執着して「やわらかいもの」の上でゴロンっと
しないと気が済まないこと

猫のように、初めて我が家に来たものには
中まで入り込んで、においを嗅ぐこと

かまって欲しい時は、ご主人さまの仕事の邪魔をすること

全部、ミルクが教えてくれました。



いつかおとなりのポーちゃんのように
ミルクともお別れの時は、必ずやってくることなんだなと
再認識したお誕生日となりました。

いつかやってくる別れの日まで、たくさん楽しい日を過ごそうね。


b0089483_34753100.jpg

ボクはケーキじゃなくて、ジャーキーをいただきました。
[PR]
by icchifam | 2008-01-15 03:50 | 4人間+インコ+犬+小魚

ホント、親馬鹿です

今日は、娘の事を書こうと思います。

b0089483_2364541.jpg


More 続きはコチラ
[PR]
by icchifam | 2007-11-15 00:29 | 4人間+インコ+犬+小魚

家族のゆくえ

b0089483_13107.jpg


知らない子どもとバイクが嫌いなミルクは、暗くなってから散歩に行きます。

ですが最近、夕食が済むと残りの仕事を片付けるのが日課となり
あまり散歩に連れて行けず、飼い主としては
負い目を感じているのであります。

仕事帰りに近所のワンちゃんが散歩をしている姿を見かけると、
「あぁ~、今日の連れて行けなかった・・・」と反省する日々・・・。


そんなある日、見かけない子犬が近所を散歩していました。
「どこの犬かな?」と、街灯の下を通りかかった時、
飼い主を確認してビックリ!

「信じられない!」と無意識にそんな言葉を口にしてしまいました。


・・・そのお宅には、高齢犬がいて1ヶ月ぐらい前に
慣れていない祖父が酔っ払って散歩に出かけると
首輪を外して逃げてしまったそうです。

実はその後が、同じワンコを飼う飼い主して納得できなかった点です。

若く見積もっても8歳以上の高齢犬。
迷子になった後、飼い主は迷子のポスターを作るわけでもなく
警察やセンターに届け出もしない・・・。

飼い主が届けないのなら、周囲のワンコを飼う人たちで
迷子ポスターを作ろうか?とまで話しが出ました。

結局は、何もできなかったのですが、
長い間生活を共にしてきた家族がいなくなって
平気なのかな? とミルクの世話をしていると
ついついその高齢犬の事を思いだしていました。

そして先日、その飼い犬は新しい子犬を
散歩させているのを見かけたわけです・・・。

先住犬は、その家族にとってどんな存在だったのでしょうか?

こんなにステキな毎日を与えてくれる
家族がいない日なんて・・・、考えれば考えるほど悲しくなります。
b0089483_1451718.jpg

[PR]
by icchifam | 2007-11-06 01:49 | 4人間+インコ+犬+小魚

うれしさ半分の入賞ばなし

いっちー宛に、ある団体から手紙が届いた。

手紙を読んで喜ぶいっちー。

ところが数分後、今度はどう見ても困っている様子。

だまって声をかけてくるのを待っていると・・・、

いっちー「おかあさん、ごめん!」


と謝ってきた。何で謝っているのか尋ねてみると・・・


いっちー「夏休みの宿題に書いたエッセイが入賞したみたい」


えっ? それって親に謝らなくてはいけないものなの?


いっちー「夏休みは、どこにも連れてってくれなかった。って書いちゃった・・・」


はぁ? そんな事実を書いたら、審査員だって困るじゃないですか。


いっちー「それから、(どこにもいかなくても)家族はいるだけでうれしいって
            少しは思ったから、嘘じゃないから、だから・・・書いちゃった」

おかん「別にいいんじゃないの。事実だし」


いっちー「それがね、入賞作品は冊子になって配られるんだって」


ここで、おかんはあることを思い出しました。

先月、仕事でお邪魔したある団体の担当者が
「今度うちで、小学生のエッセイコンテストをするんですよ!」
って、そんな事を言っていたような・・・。


いっちーに、手紙の入っていた封筒を見せてもらうと

あぁ~~~、やっぱり・・・。
想像通り、その団体の名前が書いてありました。



いっちーさん、夏休みどこにもでかけられなかったのは、
このコンテストが成功するように、
担当者と仕事をしていたせいなんですけど・・・。



今日は彼岸の入りです。
b0089483_4333172.jpg

昨日撮影してきた写真を、とりあえず1枚・・・。
[PR]
by icchifam | 2007-09-20 04:36 | 4人間+インコ+犬+小魚

ブログパーツ

カテゴリ

全体
一語一画
いっぴんつながり
かしわごはん
マグロ キブン
ちょっとブレイク
メモ以上 エッセイ未満
エコな話し
4人間+インコ+犬+小魚
ブログ限定の本音
笑いのタネ
ワンだFULL
もっと HOT PHOTO
未分類

ライフログ


蛍星


キミはともだち (CCCD)


ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

以前の記事

2011年 08月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧